秘封倶楽部編

伝説から未来へ・・・!!

京都が首都であるこの世界では街道は全国道路再整備の一環として全国バイパス化が終了し、峠道を地域振興の名目の元、サーキット化した。
コースは街道オフィシャルによる整備が完了した京都市街地のコース。
京都の歴史と道をアクセル全開で駆け巡れっ!!


宇佐見 蓮子:MITSUBISHI LANCER EVOLUTION GSR Ⅹ Type"真紅"(真紅)
幻想郷の外の大学生で街道と幻想郷の境目を暴くオカルトサークル『秘封倶楽部』のリーダー。
サーキット化された峠は好きではなく、いつかは"本物のバトル"を見たいと思っている。
ある日、古ぼけた手帳を拾い、そこに書かれてた伝説の走り屋『エモーショナルキング』の存在を知る。
好奇心で相棒のメリーと彼が最後に走ったコース『日光いろは坂』にこっそり侵入(この時代では走行できないとして封鎖されていた)。
もはや道と呼べない道を進んだ先にどれ程放置されたのか、錆びつき、ボロボロになった車を発見。
その傍で一枚の写真を見つける、と同時に突然現れた亀裂に車ごと吸い込まれた。

マエリベリー・ハーン(メリー):NISSAN FAIRLADY Z Version"境" Z34(ライトパープル)
同じく街道と幻想郷の境目を暴くオカルトサークル『秘封倶楽部』のメンバー。
車は中々の代物だが、あまり走る事には興味がなく、どちらかというと見て楽しむ方。
蓮子の親友で、いろは坂について行く事になったが、あまり乗る気では無いようだ。
いろは坂奥で廃車を発見した時、少しだけ蓮子の車と似てる感じがした。
確認しようと車に近づいた瞬間、突然亀裂が現れ車ごと吸い込まれてしまった。
ここまでの道中、対向から紫色の自分の車と良く似た車が通ったらしいが・・・。


突然現れた亀裂により吸い込まれた二人。
目を開けるとそこはかつて"幻想郷と街道が繋がってた時代"だったーーー!!!
ここかっこよくっ!!
そして・・・突如二人の前に現れたもう一つのサークル"陰の秘封倶楽部"。

ゴーストアイ:宇佐見 蓮子(陰):MITSUBISHI CONCEPT Ⅹ(オリジナルレッドソリッド)
秘封倶楽部の二人が過去の街道界に現れたと同時に出現、見た目は宇佐見蓮子が若干成長し大人びた姿。全体が薄暗く、ツンツン以上に性格が悪い。
陰であるため太陽が沈んだ時間から行動を開始でき、夜、各地の峠に現れてはその地元の走り屋とバトルをしている。
なぜ陰として生まれたのか不明で、いつも本物の宇佐見が峠に行くと逃げるように移動する。
本物、陰ともにマエリベリー・ハーンにとても弱い。

ダークナイトメア:マエリベリー・ハーン(陰):NISSAN CONCEPT Z(オリジナルダークパープル)
こちらも同じく二人が過去の街道界に現れたと同時に出現。
見た目はメリーが若干成長した姿で全体が薄暗くとても性格が悪い。
しかし陰の蓮子も影のメリーには頭が上がらなくて勝てないらしい、性格が悪くても扱いは同じようである。
テクニックもまったく同じで、バトルは好きではなく見て楽しむ方。何故か本物のメリーとは話が合って仲が良い。


秘封倶楽部の二人がこの過去の街道界に現れたのには"陰の秘封倶楽部"が大きく関係してくるはずだ。
[PR]

by katsu1898 | 2008-01-17 19:57 | Comments(0)

<< 携帯から コミケにお金使いすぎたぁ >>