儚月抄編の走り屋達

綿月 豊姫率いるSUBARUワンメイクチーム『綿月WRT』

月の技術力で開発、整備されたSUBARU車。
今回、新たなIMPREZAの2ドアモデルを開発の際、プロトタイプを鈴仙に奪われる。
地上の人間に渡った事を知った綿月姉妹は2台残っているプロトタイプIMPREZAをテスト走行も兼ねて地上へ向けて出発した。
腕に関しては流石SUBARUワンメイクと名乗るだけあって、悪路、テクニカルコースに関してはかなり速い走りを見せる。


綿月 豊姫:SUBARU IMPREZA WRX Type-R Sti Version-P01(WRブルーマイカ)
綿月姉妹の姉。五郎からIMPREZAを取り戻すために地上に舞い降りた。
天真爛漫な性格だが地上の走り屋には厳しい態度でバトルでは容赦しない。
初めは取り戻す気でいたが、バトルをしている走りの対するイメージが少しずつ変化する。
最後は五郎を信じて暫くIMPEZAを預ける事にした。

綿月 依姫:SUBARU IMPREZA WRX Type-R Sti Version-P02(ワインレッド)
綿月姉妹の妹。姉と同じく目的は五郎からIMPREZAを取り戻す事。
逃げた五郎を追い、そのままバトルに突入。
頭が切れコーナー一つ一つを丁寧に対処して少しずつ差を縮めて五郎を圧倒させた。
性格が真面目な為、冗談を言っても通用しない。

レイセン:SUBARU IMPREZA WRX Sti Version Ⅵ(ピュアホワイト)
綿月姉妹と共に地上に参上した月の兎で五郎が安心して話せる相手。
一人で峠を走っていた所、五郎と遭遇して追走するが呆気なく敗北した。
月の兎と地上の走り屋。お互いに敵意があったが話してる内にそんな事は綺麗に無くなった。
まだまだ走りは未熟だが、五郎曰く『将来が面白い』との事。
[PR]

by katsu1898 | 2001-01-03 00:45 | Comments(0)

<< 主人公編 地霊殿編 >>